2015年01月19日

やはり作詞には「素敵な物語、ストーリー」が大切ってことを教えてもらいました

昨年末(2014年12月末)にフジテレビ系の年末特番「THEビッグチャス」という番組がありました。

歌手クリス・ハートさんが歌う曲の作詞家オーディションで、曲先
で誰でも参加できる全国公開オーディションでした。

課題曲があり、それに作詞をしてその中から3名の作品を選ぶ。

そしてその作品をクリス・ハートさんが番組内で発表。

視聴者投票でグランプリを決める。

そんな内容でした。


その中でクリス・ハートさんが興味深い発言をされていました。

「色んなストーリーを歌えるのが楽しかった…」たしか、こんな
内容のコメントだったような気がします、、違っていたかな?

違っていたらスミマセン、、、、

ただ、この言葉って作詞をする人にとって、ものすごくインパクト
がある言葉だと思いませんか?

やはり作詞をする時には「ストーリーが大切…」という事をクリス
さんが歌手の立場から、いつもそう考えて歌を歌っている…

という事を教えてくれたのだと思います。


作詞を始めた最初の頃、殆どの人はアイデアや自分が伝えたい
メッセージを中心に書くことが多いです。

なかなか「素敵な物語を書く」という事に目線がいかないですよね

これはアドバイスの時にトミー爺もことあるごとに言っている事
でした。

クリスさんのあの言葉を聞いた時にうれしかったな…



ちなみになんとソングバンクからセミファイナル、ラスト10名の
中に2名のメンバーさんがエントリーされていました。

残念ながらファイナリストには選ばれなかったのですが、大健闘
だと思います。

この結果、力もらえますよね!!

もっともっとトミー爺も頑張ってこれまでのつたない経験ですが
皆さんに伝承して行きたいと気持ちを新たにした瞬間でした。

これからもよろしくです。


 





【トミー爺の関連サイト】
トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!

posted by トミー爺 at 16:54| ●目からウロコ作詞術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする