2018年05月18日

映画「プラダを着た悪魔」から学ぶ作詞術

作詞をしていく中で必ず巡り合うのが「人生というテーマで作詞」だと思います。

また、作詞をしていると「色んな人生」を描くことになります。

でもみなさんが知っている、経験している人生ってそう沢山はないはずです。

さぁて困りましたね、、、

ではどうやったら人生についてネタを仕込むことが出来るのか?



ご自身の生き方からネタを仕込む、、これについてはある程度限界があるはずです。

そうなると頼りになるのが映画、小説、ドラマ、又は友人同士の噂話などが効果的な素材になるはずです。

また、映画を見る時に注意するのが荒筋を覚えるのではなく、その中に息づく主人公の生き方について考えるのが良い方法だと思います。



例えば、トミー爺が大好きな映画で「プラダを着た悪魔」という映画があります。

内容としては「ジャーナリスト志望の主人公が悪魔のような最悪の上司の下で直向きに頑張る姿を描いた物語」です。

その上司役にメリル・ストリープ、主人公はアン・ハサウェイ。

そのアン・ハサウェイが最後に2つの生き方を選択できる岐路に立ちそして選んだ人生とは…

ぜひ鑑賞してみて下さい、そして、主人公の選んだ道をあなたはどう思い、どう感じるか?

これが作詞の勉強になるはずです。

ぜひチャレンジしてみて下さい



新しくブログをはじめました。作詞、作曲メソッドものんびりとに更新中

■トミー爺の還暦いろいろ旅「徒然なるままに」  https://ameblo.jp/tommysomekawa/

 人生は旅。ハワイ旅行、お遍路旅、ヘッドフォンのある生活、お酒、音楽、作詞作曲などトミー爺が語る色々旅日記。気が付いたら還暦を越えていた老人自覚ゼロのポンコツおじさんの音楽、旅行、お酒を巡る珍道中。

posted by トミー爺 at 16:49| ●目からウロコ作詞術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

歌う歌手の声、容姿、人間性をしっかりと感じ取る作詞

作詞をする時に一番大切な事って何でしょうか?

それは「人の生きざまを書く」という事だと思います。

作詞を始めた時って作品の内容が「あらすじ」になってしまいますね。
でもそれだと作品が薄い内容になってしまいます。

ではどうすると良いのか?

「歌う歌手の声、容姿、人間性をしっかりと感じ取る」ということが大事になると思います。
そこが見えてきて初めて「その人、主人公が見えてくる」はず。


例えば、あなたは「人生というテーマで作詞をする」ことになりました。

下記の歌手のようなアーティストに「川の流れのように」みたいな楽曲を歌わせるとします。

 ・AKB48
 ・きゃりーぱみゅぱみゅ
 ・竹内まりあ
 ・高橋真梨子
 ・天童よしみ

まずはジャンル、系統分けをしてみましょう

■アイドル系
 ・AKB48
 ・きゃりーぱみゅぱみゅ

■演歌系
 ・天童よしみ

■JPOP&歌謡曲系
 ・竹内まりあ
 ・高橋真梨子

もう少し別の観点から区分けしてみましょう。

■バーチャル、若者等身大系(10代、40代が指示)
 ・AKB48
 ・きゃりーぱみゅぱみゅ

■OLや主婦層の等身大の女性(20代から40代女性が指示)
 ・竹内まりあ

■40代以上の主婦、女性が指示
 ・天童よしみ
 ・高橋真梨子

例えば、こんな感じに区分けしたとしますね。

そして「バーチャル、若者等身大系」をリスナーとして持っているアーティストには
「どんな人生というテーマ」が似合っているのか?

こうやって具体的に考えて行くと少しづつ具体的に見えてくるはずです。

そこが見えるようになると、作品の深みが増してくるはず、、、ぜひ考えてみて下さい。





新しくブログをはじめました。作詞、作曲メソッドものんびりとに更新中

■トミー爺の還暦いろいろ旅「徒然なるままに」  https://ameblo.jp/tommysomekawa/

 人生は旅。ハワイ旅行、お遍路旅、ヘッドフォンのある生活、お酒、音楽、作詞作曲などトミー爺が語る色々旅日記。気が付いたら還暦を越えていた老人自覚ゼロのポンコツおじさんの音楽、旅行、お酒を巡る珍道中。
posted by トミー爺 at 09:26| ●さくなろ道場サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする