2014年08月12日

作品クオリティを数段レベルアップできる「作詞の設計図」を使った作詞法 1


さて、今回は作詞の設計図について書かせてもらいましょう。

皆さんは詞を書く時にどうやって全体を書きあげて行きますか?

・浮かんできた言葉を広げて行く?
・書きたい事を何となくイメージして作り込んで行く?

間違ってはいません、でもこの方法でしっかりとした作品を書くた
めには、相当のキャリアが必要だと思います。

いきなりこの方法から始めると、書きたい事の3割くらいしか書け
ない事がありますよ。

それを解消するのは「作詞の設計図」を作る事がなかなか役に立ち
ます。

設計図の中に、テーマ、コンセプト、キーワード、ショートストリ
ーを書きこみそれをみながら作詞をする。

これは何回か、このブログでも書かせてもらいましたよね、、確か、、(笑い)

そうする事で、書きたいメッセージの3割しか書けなかったのが
7割くらいまでは書けるようになります。

つまり漠然としている頭の中のイメージを、自分が見てもわかりやすく
系統化する作業。

一度そこで整理をしておくと、あとで作品直しの時にものすごく役に
立ちますよ。

先ほどのテーマやコンセプトに続いて「登場人物像、キャラ設定」「登場人物の関係」
「物語のあらすじ」…などなども設計図を作るときに重要な要素ですよ

今度詳しく書かせてもらいますね。







【トミー爺の関連サイト】
トミー染川の 「Song Bank」 & 「トミー塾」  メンバー募集中!

有限会社トライエックスミュージック社
・一曲から出来るitunes配信デビュー!俺が聞きたい曲は俺が出す!!
有限会社トライエックスミュージック社はiTunes配信、iDebut正規総代理店です


posted by トミー爺 at 16:40| ●さくなろ道場サイトマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする